読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

窓とかペンギンとか

へっぽこインフラエンジニアの色々備忘録 少しでも情報を発信できたらなと思いブログを作ってみました。

RedHat Enterprise Linux 7.2 でオンラインライセンス認証した時のメモ。

Linux RedHat

たまたまRedHat Enterprise Linuxの構築が必要になったので、
利用するまでの手順をまとめてみます。


基本的にはCentOS7系と同じ感覚でインストールできますが、
インストール後、OSにサブスクリプションを紐づける必要があります。
(今回は検証版サブスクリプションを利用)
必要な物:RedHat Enterprise Linux 7.2 インストールISO , RedHat体験版ライセンス
前提:マシンがネットに接続されている事が前提です。



0.OSのインストール

  CentOSのインストール手順と同じなので割愛します。
  GUIもほぼ同じと思って頂いて問題ありません。

1.サブスクリプションの登録

[root@hostname-test ~]# subscription-manager register
Registering to: subscription.rhn.redhat.com:443/subscription
Username: user nameを入力
Password: パスワードを入力
The system has been registered with ID: xxxxxxxx-xxxx-xxxx-xxxx-xxxxxxxxxxxxx

systemにregisted idが割り振られます。

2.利用できるサブスクリプションのプールIDを確認します。

[root@hostname-test ~]# subscription-manager list --available

+-------------------------------------------+
    Available Subscriptions
+-------------------------------------------+
Subscription Name:   60 Day Self-Supported Red Hat Enterprise Linux with Smart Virtualization and Management Evaluation
Provides:            Red Hat JBoss Core Services
                     Red Hat Software Collections (for RHEL Server)
                     Red Hat Virtualization Host
                     Red Hat Enterprise Linux Atomic Host Beta
                     Red Hat Enterprise Linux Fast Datapath
                     Red Hat Virtualization
                     Red Hat Enterprise Linux Fast Datapath Beta
                     Red Hat Enterprise Linux Server - Extended Update Support
                     Red Hat Beta
                     Oracle Java (for RHEL Server) - Extended Update Support
                     JBoss Enterprise Application Platform
                     Oracle Java (for RHEL Server)
                     Red Hat Enterprise Linux Server
                     Red Hat Software Collections Beta (for RHEL Server)
                     Red Hat Enterprise Linux Atomic Host
SKU:                 111111
Contract:            111111
Pool ID:             xxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxx12345
Provides Management: Yes
Available:           3
Suggested:           1
Service Level:       Self-Support
Service Type:        L1-L3
Subscription Type:   Standard
Ends:                03/14/2017
System Type:         Physical


xxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxx12345
の値を控えます。
他に有効なサブスクリプションがあれば、他にも表示されるのでご注意を。

3.サブスクリプションのプールIDをOSにアタッチする。

subscription-manager attach --pool=xxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxx12345
Successfully attached a subscription for: 60 Day Self-Supported Red Hat Enterprise Linux with Smart Virtualization and Management Evaluatio

応答メッセージからもアタッチされている事が確認できます。

4.アタッチされているサブスクリプションの確認

subscription-manager list --consumed
+-------------------------------------------+
   Consumed Subscriptions
+-------------------------------------------+
Subscription Name:   30 Day Red Hat Enterprise Linux Server Self-Supported Evaluation
Provides:            Oracle Java (for RHEL Server)
                     Red Hat Enterprise Linux Atomic Host Beta
                     Red Hat Container Images
                     Red Hat Container Images Beta
                     Red Hat Enterprise Linux Server
                     Red Hat Enterprise Linux Atomic Host
                     Red Hat Beta
SKU:                 111111111
Contract:            111111111
Account:             111111111
Serial:              11111111111117
Pool ID:            xxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxx12345
Provides Management: No
Active:              True
Quantity Used:       2
Service Level:       Self-Support
Service Type:        L1-L3
Status Details:      Subscription is current
Subscription Type:   Instance Based
Starts:              01/13/2017
Ends:                02/12/2017
System Type:         Physical

WEBから現在のライセンス利用状況を確認することも可能でした。
検証ライセンスはアタッチ数に制限があるので、異なるマシンで利用したい場合はWEBからマシン情報を削除することができます。

参考記事:
インストールガイド - Red Hat Customer Portal