窓とかペンギンとか

どこかのクラウドサービスのインフラエンジニア。    色々備忘録 少しでも情報を発信できたらなと思いブログを作ってみました。 このブログの内容は個人の見解であり、所属する組織の公式見解ではありません

Intel X710 DP 10Gb DA/SFP+ の速度計測してみた。

Intel x520-DA2 NICも終わりが見えてきました。
代替NICとしてIntel X710のパフォーマンスは如何なものなのか簡単に計測してみました。

Intel X710 DP 10Gb DA/SFP+
Intel X710 DP 10Gb DA/SFP+

◆目次

  1. 環境情報
  2. iPerfによる速度計測(物理サーバー編)
  3. iPerfによる速度計測(VM編 (Openvswitch vxlan構成))
  4. オフロードON / OFFによる性能の違い

内容については続きを見るをクリックしてください。

◆本編

1.計測環境

Switch Huawei CloudEngine CE6851
Server HUAWEI RH1288 V3 and Dell Inc. PowerEdge R630
OS CentOS Linux release 7.2.1511 (Core)
Kernel 3.10.0-693.el7.x86_64
NIC Intel Corporation Ethernet Controller X710 for 10GbE SFP+ (rev 01)
NIC Intel Corporation Ethernet Controller X520-DA2 82599ES 10-Gigabit SFI/SFP+ Network Connection (rev 01)

Intel Corporation Ethernet Controller X710 Spec:
製品の仕様情報 - Intel® Ethernet Converged Network Adapter X710-DA2
デル製 デュアルポート Intel X710, 10Gb DA/SFP+, + I350 1Gb Ethernet ネットワークドーターカード : ネットワーキング | Dell 日本

Intel Corporation 82599ES 10-Gigabit SFI/SFP+ Network Connection Spec:
製品の仕様情報 - Intel® 82599ES 10 Gigabit Ethernet Controller

NICサーバー2台、新NICサーバー2台を準備した。
測定にあたって、NICのオフロード機能等についてはすべて無効化の状態で計測している。
X710はvxlan offload機能等があるらしいので、時間があればそこらへんも検証して追記していきたい。

追記:オフロードON/OFFの違いも簡単に検証しました。




2.iPerfによる速度計測(物理サーバー編)

Intel Corporation Ethernet Controller X520-DA2 82599ES 10-Gigabit SFI/SFP+ Network Connection (rev 01) (CentOS標準ドライバ)

f:id:lezoid:20171221121618p:plain

Intel Corporation Ethernet Controller X710 for 10GbE SFP+ (rev 01) (CentOS標準ドライバ)

f:id:lezoid:20171221121650p:plain

標準ドライバにて計測を行ったところ、速度がでない問題に直面した。
頑張っても3 Gbits/secくらいしか速度がでない。;-;

Intel公式サイトからドライバーをダウンロードして計測した所、パフォーマンスが改善した。

結果は下記に記載。

Intel Corporation Ethernet Controller X710 for 10GbE SFP+ (rev 01)(Intel X710 Intel公式ドライバ)

f:id:lezoid:20171221121722p:plain


とりあえず・・・簡単に計測した感じは問題なさそうである。
シングルスレッドでの通信速度は大きく向上しており、倍以上の差が開いた。
(X520もIntelからドライバー持ってくればパフォーマンス向上するかもしれませんが…)





3.iPerfによる測定(VM編 (Openvswitch vxlan構成))

X710 CentOS標準ドライバの構成は性能が発揮できない事が2.の項目で判明しているため、測定は行わない。

Intel Corporation Ethernet Controller X520-DA2 82599ES 10-Gigabit SFI/SFP+ Network Connection (rev 01) (CentOS標準ドライバ)

f:id:lezoid:20171221200245p:plain

Intel Corporation Ethernet Controller X710 for 10GbE SFP+ (rev 01)(Intel X710 Intel公式ドライバ)

f:id:lezoid:20171221200309p:plain

VMからの性能が大きく向上する事が分かった。(/・ω・)/

4.オフロードON / OFFによる性能の違い

◆ 物理 Offload OFF

f:id:lezoid:20171221121722p:plain

◆ 物理 Offload ON

f:id:lezoid:20171221202057p:plain

VM Offload OFF

f:id:lezoid:20171221201036p:plain

VM Offload ON

f:id:lezoid:20171221201055p:plain

物理にしてもVMにしても通信速度は向上することが分かった。(他の問題が色々発生しそうで怖いが・・・)
X710にNICを変更するだけでパフォーマンスは大きく改善するが、
欲張って?更にNICのオフロードを有効化すると1スレッドでの通信速度が大きく向上する結果がでた。
またスレッド数が多くなっても合計した通信量が安定する感じ( ˘ω˘ )


iperfな一日でした…
こういったベンチで結果が良くても、実際の通信になると色々問題がでるのが怖いところ汗